2008年09月08日

笑点が始まったのは

笑点が始まったのは1966年5月15日なんだって。

そうすると、もう42年?すごい長寿番組だね。

題名がそのころベストセラーになって映画でもテレビでもヒットした『氷点』からもじってつけたんだって言うんだけど、

いまじゃ、シャレとしても通用しないね。
『氷点』知らない人の方が多いもんね。

笑点の歴史
●1965年 「金曜夜席(笑点の前身)」が放送される。
 出演者は談志、圓楽、歌丸、小痴楽、きん平、円弥(後の三遊亭圓  彌)、座  布団運びは西〆子。後に円弥が降板し、こん平が加   入。
●1966年 笑点放送開始(カラー放送)。
 直前に自殺したきん平に代わり金遊(後の小圓遊)がレギュラーに。 座布団  運びは勝松。
●1967年 座布団運びが石井に。
●1969年 4月、圓楽らレギュラー全員が談志と対立し降板。新メンバー で大喜利 を行う。
 しかし視聴率が極端に低下したため、11月に司会が前田になり、再び メンバ  ーチェンジを行って大喜利が八人制となる。座布団運びは 笑遊と夢丸。
●1970年 6月、メンバーチェンジで大喜利が現在の六人制になり、座布 団運びが 小野と米助に。秋口から色紋付を毎週着用する様にな   る。
 12月に司会者が三波に。
●1971年 座布団運びが松崎に。
●1972年 座布団の色がピンク色から現在の紫色になる。
●1980年 10月5日に小圓遊が死去。
●1982年 12月8日に三波が死去。
●1983年 1月2日の正月特番のみ愛川が司会を担当し、翌週1月9日から 圓楽が司会 として復帰。
●1984年 座布団運びが現在の山田に。
●1985年 放送回数1000回を突破(歌丸が『2000回までやろう!』と言  う)。
●1996年 4月7日から放送時間が17:30〜18:00に短縮。
●2005年 10月23日放送より圓楽が休演。大喜利メンバーによる代理司 会を経て11月27日放送より歌丸が司会者代理に。
●2006年 1月22日に放送回数2000回を達成したが、圓楽とこん平が療養 中のため 通常放送。
 この日で、『笑点』(番組の歴史を写真でたどり、出演者や番組製作 に関わった人々のコメントで構成された本)が刊行。番組の直後 に 宣伝も行われていた。
 歌丸が『今度は5000回までやろう!』と発言。
 3月26日に圓楽がオープニングの案内役として復帰するが、大喜利の 司会は引続き歌丸が担当。
 圓楽が5月14日の放送開始40周年記念特別番組を最後に勇退を表明。 翌週から歌丸が正式に第5代司会者になる。
●2008年6月29日の放送より、歌丸が腰の手術および療養のため一時休 演。
 6月29日は大喜利の司会をたい平が担当し、オープニングの案内役を 楽太郎と木久扇が担当。
 7月6日は大喜利の司会を昇太が担当する。オープニングの案内役は先 週に引き続き、楽太郎と木久扇。
 翌週の7月13日(島根県での地方収録)から歌丸が司会に復帰する。

大喜利 (笑点) - Wikipedia より引用
posted by 歌丸 at 23:16 | Comment(0) | 笑点歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。